SSブログ
前の1件 | -

本「深海のYrr 下」初コンタクトモノ。めちゃくちゃ面白い! [本]

ダウンイベントごとの商品紹介してます。見に来てねダウン


「深海のYrr 下」
著者 フランク・シェッツィング

★★★★★ (個人評価 ★多めならおすすめ)

Yrrとの交信を始めた科学者たち。
しかし彼らからの返信は驚愕すべき事実を告げるものだった。
彼らは何億年もの記憶知識をすべて共有し到底人類には到達できない境地にいた。
果たしてそんな彼らに人類を絶滅させないよう説得できるのか。
必死でコンタクトを取ろうとする科学者、そして裏では司令官が秘密裡にまったくの別行動を取っていた。その恐るべき策略とは。
地球は人類は一体どうなってしまうのか。

深海のYrr 〈下〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-3)

深海のYrr 〈下〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-3)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2008/04/23
  • メディア: 文庫

深海のYrr 上中下巻セット (ハヤカワ文庫)

深海のYrr 上中下巻セット (ハヤカワ文庫)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: -


サスペンス溢れる下巻。いや~読んでて興奮したわ。
なんというか映画観てる感じ。

遺伝子工学とか全然わからんしその説明は読むの大変やけどもそれを入れてもこの小説は面白かったわ。
ラストも納得いくしね。
ああ、こういうラストならありえるやろうなぁと思うわ(えらそう)。

けど、人間は多くの生物を絶滅へと導いていったわけで、自分たちだけは大丈夫だなんて確信はもてるわけないわけで。わけわけ言ってるけども。

深海のYrr下.jpg

特に微生物との共生というのは目に見えてないだけで、ずいぶんと恩恵を受けてるんだな、と。
彼らが居なければおそらく人間は生きていけない。
となると、このまま海洋汚染を続け、オゾン層を破壊し、森林伐採し、サンゴ礁をつぶして基地作って、ただで済むと思うなよ!ってことやね。
人類が地球上で一番偉く、生きる価値があり、何をしてもいいのだと思い上がることの怖さを教えてくれた。
自然からのしっぺ返しは案外早くやってくるかも。
いやもうすでにだいぶ地球は復讐しにかかってると思うわ。

もっと人類は謙虚にならないと!特に政治家という人種は!
この小説は映画化されたらしくそれも観るのが楽しみっすわ。
超長編ですがおすすめ。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。