So-net無料ブログ作成

本「恋に危険は」高価な美術品を狙う女泥棒の恋の行方は?! [本]

スポンサードリンク




「恋に危険は」著者 スーザン・イーノック

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

美術コンサルタントのサマンサにはもう一つの顔があった。
高価な美術品を狙う女泥棒なのだ。

大泥棒だった父から英才教育を受け彼女は個人所有の美術品を狙う怪盗となった。

ある日サマンサが盗みに入った豪邸で不在のはずの主人リチャードと遭遇してしまう。
さらに何故か爆発が起きサマンサはリチャードの命を救ったあと姿を消す。

爆破犯人とされてしまったサマンサ。
爆破はしてなくとも盗みに入ったのは確かでサマンサは逮捕されずに真犯人を見つけられるのか。

一体誰が何の目的で爆発を仕掛けたのか。

恋に危険は (ライムブックス)

恋に危険は (ライムブックス)

  • 作者: スーザン イーノック
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 文庫

リチャードの協力を得て真犯人を探す二人の周辺にまたもや爆薬が仕掛けられる。
泥棒であるサマンサが非常に魅力的。
サマンサはその職業、生い立ちにより人に頼る事ができない。
リチャードはサマンサを愛するようになるが、もちろん泥棒をするのは認められない。
未来がない二人に思えたのだが‥。

確かに愛する人が泥棒やったら辞めさせたいわ。
危ないし、道徳観念がないのかと疑っちゃうもんなぁ。
いくら腕が良くて職人級でもね。
危ないことはしてほしくないもん。


ユーモアがちりばめられていて読んでいて飽きさせない。
サマンサの知的な推理や怪盗としての手腕に惚れ惚れさせられる。

まぁリチャードがあまりに理想的男性像過ぎるかな‥とは思うけど(大富豪なのに気さく、実は貴族の称号も持つ等)これくらいでなければ、サマンサの相手は務まらないのかも。

ロマンチックサスペンスの王道。
どきどききゅんきゅんしてください。

ルナ116.jpg

にゃんこも泥棒の才能はあると思うにゃ←あなたはどたどた足音立てるやん…無理…

【本映画過去記事】
映画「クィーン」ダイアナ妃の死により英国に激震が走る。その時英国王室の対応は…
本「トム・ゴードンに恋した少女」スティーブンキングのホラー。広大な自然保護区で行方不明になった少女。
映画「横道世之介」高良健吾、吉高由里子主演、ちょっととぼけた世之介の恋と青春



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加してます。ぽちっとして頂けると毎日頑張れます!

超便利な生活雑貨があります↓







スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 2

ニッキー

あっ、うちのにゃんずも泥棒は無理だw
by ニッキー (2015-04-14 14:23) 

youyou_s

>ニッキーさん やっぱり(笑)にゃんこなのになぜか足音立てるんですよ。とたとた音がするから来たのがすぐわかります(笑)足の裏にも毛が生えてるんですけどねぇ。体重が重いせいか…。
by youyou_s (2015-04-14 17:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます